momofuku@fukagawa     清澄白河 お菓子教室
東京深川 おいしい焼き菓子の時間 

calendar : entries : category : archives : link : profile : mail
今月のお菓子 2017年 10月 パープルスイートロード(紫芋)のチーズケーキ  パンプキンパイ ::: 2017.09.18 Monday

2017年 10月のお菓子の御紹介です。

10月は、リバイバルのテーマより、シーズナブルなパンプキンパイを、そしてもうひとつ、
パープルスイートロードという甘い紫芋を使った、黒ゴマのクランブルのチーズケーキを作りましょう!

まずはパンプキンパイの御紹介から!

ハロウィンスパイスを使ったカボチャのフィリングがたっぷりと入る、美味しいパイです。

フィリングを受けとめる生地は、パータフォンセと呼ばれる練りパイタイプなのですが、写真のようにサックリとした綺麗な層に仕上がるように、軽く織り込みをいたします。練りパイ生地は、その作り方によって、ホロホロした食感にすることもできます。陶器等のパイ型に敷きこみ、型抜きはしないで直接取分けたりするパイには、その砕けやすいホロホロさが生きてきます。

軽く折りこむと、層を成して軽さとサックリ感を維持しつつも、たっぷりのフィリングを入れても壊れたりしないパイになります。

折り込みといってもとても簡単。折り込みの時、敷きこみの時、いくつかの注意点を守っていただけたら、パイ菓子は初めてという方にも十分に楽しんでいただけます。さほど寝かさずと焼き縮みなくきれいに焼きあがる方法です。キッシュにも応用していただくことができます。パイ菓子を作り慣れていらっしゃるかたにも、こんな作り方があるのだな、と小さな発見になれたらいいな、と思っています。    

 

そしてもうひとつ。
パープルスイートロードという、紫芋の中で一番甘味のあるお芋を使い、黒ゴマのクランブルと組み合わせた和風のチーズケーキを作ります。このお芋は、10月中旬頃には収獲後の追熟も進み、おいしくなって、身近なスーパー等の市場にも出まわリはじめます。今日のご案内をするまでに、このお芋を手に入れることができなかったため、他の紫芋で作ったお写真でのご紹介になってしまい大変恐縮なのですが、発酵バターとクリームで作ったまろやかなスイートポテトがとっても美味しくて、とびっきりの美味しさです。ちなみに、パープルスイートロードは、その紫色が他の紫芋よりも淡いので、完成の雰囲気がこのお写真より少しソフトなコントラストになります。でもでも、こちらのお菓子もビジュアル的にハロウィンチックだなぁ、とひとり、悦に入っております。 ^^
まず、詳細につきまして、どなた様も必ずこちらをご覧頂き、ご確認くださいませ。
 こちらには犬がおります。 教室中は別室にて静かにお留守番をしておりますが、お申し込みの際のご参考になさってくださいね。
A
A
A

 



2017年10月のお菓子     パンプキンパイ 直径18センチ タルト型1台

                 パープルスイートロードのチーズケーキ 直径18センチ 丸型1台
                 おひとり様あたり、それぞれ1台作成                       

                 私の作ったお菓子のご試食と、ご軽食、お飲物

               
               
               
費用             パンプキンパイ      4000円
                紫芋のチーズケーキ    4500円   
 
             
持ち物            エプロン ハンドタオル 筆記用具 
               お洗濯が容易な、楽なスタイルでお越しくださいね!  
               
ああ          
開催日程 
        2017年10月 
パンプキンパイ
                
                12日 (木)
                13日 (金)
※ パンプキンパイにつきましては、お日にちのご相談を承ります。ただし、今月は建物の電気設備の点検日等が複数ある為、承ることができない日もございますので、ご容赦くださいね。おひとり様でももちろんけっこうです。お気軽にお問い合わせください。
紫芋のチーズケーキ    
                17日 (火)           
               18日 (水)
                19日 (木)    
                20日 (金)     
                23日 (月)  
                24日 (火)    
                25日 (水)
                26日 (木)      
                27日 (金)
                30日 (月)     
            
                          
                   
               ※ 開催日前日21時までお申し込みを承ります。  
                  
あ              
                
               
                
時間            10時30分〜13時30分(予定)

定員             各回ともに、4名様
                縁故知人等、特別な場合を除きまして女性のみの教室です。


場所            私の自宅 (東京メトロ半蔵門線 都営大江戸線 清澄白河駅 徒歩2分)
               いわゆるアトリエでもスタジオでもサロンでもない、普通の自宅です。
               
          

               
                
申し込み方法
毎月ごとに完結の教室ですので、初めての方もどうぞご遠慮なくお問い合わせくださいね。

※ お申込み先のアドレスは、gmail宛ではありません。exciteのアドレスへお願いいたします。

以前よりご参加を頂いているお客様は、私のパソコンのメールアドレス宛へ、初めてお申し込みのお客様はこのサイト上部のMAILボタンより、お申し込みをお願いいたします。
下記項目をコピー&ペーストしてご記入いただきご送信下さいませ。




1、 ご希望日    優先順位はございません。ご希望日を3つまで、教えてください。
             

2、 お名前

3、 当日の朝や緊急の場合に、すぐご連絡が取れるモバイルの電話番号とご住所
   (ご住所は任意で構いません)

4、 メールアドレス

5、 オトナ様のみの会を、   A 希望します   B どちらでもかまいません
                A、Bのご希望は、先にご予約を頂戴した方をご優先としておりますので
                ご希望にお応えできないこともございます。
                この件につきましてはどうぞ遠慮なくご相談下さい。
                
    
      
6、  苦手な食材とアレルギー等、ございましたらお書き添えください。
    ご質問、お問い合わせも遠慮なくどうぞ!

どなたさまも、どちらのお菓子でも、もちろん両方でも、お申込みいただくことができますが、お申し込み数が定員を超えてしまった際は、恐れ入りますが、チーズケーキにつきましては、パンプキンパイをご受講されたことのあるお客様がご優先とさせてくださいね。お受付は以前ももふくお菓子教室へご参加いただいたお客様は9月25日月曜日、夜21時より、今回が初めてのお申し込みとなられるお客様は、翌9月26日火曜日、夜21時より、お申込みメールの先着順となります。
御返事につきましては30日から順次お送りいたします。
万が一、10月1日を過ぎてもこちらからのご案内がお手元へ届かないようなことがございましたら、お手数ですが、ご一報くださいますようお願いいたします。
ももふくお菓子教室
荒堀智子
a
a
a
a
a



秋のおとづれ the coming of autumn ::: 2017.09.10 Sunday

 先日、かいじに乗って遠足へ行きました。

 つい、1週間前です。
 甲府盆地を見下ろす勝沼の駅に降り立ち、
 葡萄がたわわに実る山麓を歩きました。
 平日で人も少なく、また本格的なぶどう狩りシーズンの
 前だったからでしょう。
 とても静かで、風の音、匂い、土や木々の匂いが
 心地よかったです。 
 葡萄畑の小道を縫うように歩きました。 
 歩きながら話していたことは、
 自分がここに土地と葡萄の畑と資金を持っていたならば、
 とダイナミックなお得意の妄想。  楽しかったです。
 ぶどうの丘の地下のワインカーヴにも立ち寄りました。
 ここに来るのは7年ぶりの4回目。
 以前から気に入っていて、来る時は必ず手にしていた
 フジッコワイナリーのワイン。
 今回もフルラインナップ呑みました。
 フジクレールメルロが好きです。
 帰る前に、もう一度そこへ戻って、味わって、
 後ろ髪引かれてあとにしました。御馳走様でした。
  葡萄農家さんとはイノシシの話なども。
  黄玉という、ジャスミンの香りが鼻に抜ける
  とても甘い白ブドウをお土産に。
 ほんのりワインが残った身体で、電車の揺れに身を任せて眠るのは何とも心地よいもの。良いリフレッシュになりました。
昨日のお昼に、久しぶりにガレットを作りました。
ガレット ブルターニュ、そば粉のクレ―プです。
生地は前夜に作って冷蔵庫で寝かせておきます。
そば粉250gとお塩8gに水165cc入れて混ぜ、
卵半個を入れて混ぜ、
またお水165ccを入れて混ぜ、
さらにまたお水165ccを入れて混ぜ、
最後に辛口シードル大匙1を混ぜて完成。
この生地は、ひたすら手で混ぜるのがポイント。
ニッカの小瓶のシードルを買ってきました。
使った残りは飲みながら夕飯づくり。
1度で二度美味しい。(笑)
チーズ、卵、ハム、のコンプレットに代表されるように、
基本は塩味のお食事クレープです。
今回は軽やかな秋の初めの林檎、さんつがるをザラメで
焼きからめ、シナモン少々。
妹からのお土産、メゾンドミエルの美味しい蜂蜜を
たっぷりかけて、甘く、贅沢をしました。
生地が余った今朝は、残りのリンゴとカマンベールを
ちぎって散らしました。
ブルーチーズも、きっと合います。また秋が深まった頃に。
昨日、今日は青空が広がって、いいお天気。湿度も低く、さらさらと窓から吹き込んでくる風も気持ちがいいです。
昨夕はルルの散歩ついでにホームセンターへ行こうと清澄公園を抜けて歩いていたら、早くも金木犀が咲き始めていました。今年もその花の姿よりも、香りで気が付きました。早いですね。
写真を撮ろうと茂みに入った数十秒で、蚊に2か所、サンダル履きの足を刺されました。夏は終わりましたが、蚊はまだがんばっていました。^^; (家にムヒがまだ残っていてよかった!)
もう金木犀なのね、と感慨にふけり、何といっていいのか、待ち遠しかった大好きなものに再会したかすかなかすかな昂揚感を胸に、お目当てのプリンターのインクを買った帰り道、また公園を横切ることにしました。
だいぶ日も暮れて、薄暗がりとなった小道の向こうから若いカップルが歩いてきて、かわいらしい女性が、ちょっとちょっと!金木犀の匂いがしたんだけど!と彼に話しかけて、辺りを見回していました。
あそこですよ、と声をかけてしまいそうになりましたが、もちろんしません。デートの邪魔はヤボというものです。
すれ違う時に、その女性の着ていたTシャツの文字が目に入りました。
I wish you all the luck。(全てうまくいきますよう!)
瞬間、ふっと心がなごみました。
今、ひとつ心に懸っているいることに、大丈夫よ、と励まされたような、ほんのりとした温かさ。
Tシャツの外国語文字は、時々いろいろおもしろおかしく話題に上ることもありますが、こんな風に、ふと見知らぬ方から
プレゼントされるやわらかい優しさの気配というものもあるのだなと思いました。
帰り道、そして帰宅して夕飯の支度をしている時も、思い出しながら、ほんわかしていました。
そういえば少し前には、小名木川沿いを同じくルルと散歩中、前を歩いていらっしゃった小柄なご年配の男性の背中に、
YOU ARE GIFTED!  I AM GIFTED!とありましたっけ。
意味はいろいろ取れますが、元気のよいフォントとカラーとイラストの雰囲気からすると、
(あんたは天才!俺も天才だぜー!) というようなニュアンスを感じました。
すげえな!かっこいいな!とオォッ!と思いました。
その後小1時間ほど、ずっと心に残り、思い出しては心の中でニヤニヤしていたのでした。
そんなことをつらつら思い出しながら私が今着ているザラのTシャツにも英字。
今それを読んで、ちょっと笑っちゃいました。
道行くどなたも和ませて差し上げられそうにはありません。(笑)
さてさて、では着替えて外へ出ましょう。今日もルルがお待ちかねです。
9月の教室は来週19日よりスタートいたします。
お申し込みをいただきましたお客様、お待ちしておりますね。今少し先となりますが、お目にかかれますこと、とても楽しみにしてお待ちしております。
ももふくお菓子教室 荒堀智子

 

 



今月のお菓子 2017年9月  Gateau Nantais & Brownies ::: 2017.08.23 Wednesday

日脚が少しづつ短くなってきています。残暑は続いていますが、ヒグラシも鳴いて、夕方には夏の終わりのそこはかとなく淋しい気配を感じます。お変わりございませんか?

9月のお菓子のご案内です。9月のお菓子はふたつ!どちらもとっても美味しくて、そして気軽に作れる焼き菓子です。
今月も、どうぞお菓子作りを楽しんでくださいね!
  こちらは、ガトーナンテ。
  フランス西部、ナントの郷土菓子です。
  ナントは大西洋からロワール川を50キロ位さかのぼ
  った場所に位置するフランス第6の都市。
  16世紀よりいわゆる奴隷貿易の港湾都市として栄え、
  砂糖や香料、スパイス、たばこなどなど、アフリカ、
  カリブ、西インド諸島から珍しい物がたくさん運ばれ
  てきました。
  このお菓子は18世紀頃に作られ始めたといわれていま
  す。アーモンド、青いレモン、バニラ、ラム酒、と、
  西インド諸島の名産品を用いたエキゾチックな香りの
  する、贅沢な焼き菓子だったそうです。
  だんだんと一般の家庭でも親しまれるようになり、
  バターもふんだんに使った現在のものに近い配合へと
  変化してきました。
  今では街の名物としてパン屋さん、お菓子屋さんに並ん
  でいます。作り手によって、形や味わいは様々ですが、
  生地にもフォンダンにも、ラム酒が使われていることが
  ガトーナンテの特徴。
  アーモンドとバターがたっぷりと入った、風味豊かな
  とても美味しいお菓子です。
  
  少し小さいですが緑の線で囲んだところがナントです。
 
  
   あ
   あ
  あ
  あ
  あ
   フォンダンに使うラム酒の量は調整できます。
   アルコールをしっかり飛ばして香りだけ残してもいいですし、
   お好きなかたは、しっかりと効かせることも。
   そこはお好みで。
    あ
    あ
 ああああ
   ラムの入らない普通のフォンダンにしても良いですし、
   シンプルに粉糖でおめかしでもかまいません。
   ご希望を当日教えてくださいね。
   
あああ

そしてもうひとつのお菓子、アメリカの焼き菓子の定番、ブラウニーです。
 
ああ
☆☆☆
カカオ成分の高いチョコレートを主体に、くるみ、オレンジピールを混ぜ込みました。
焼き立てはいわゆるfudgeな口当たりの濃厚な美味しさ。翌日以降、ホロッとした口当たりに変わります。
ブラウニー、されどブラウニー。
チョコレートラブなオトナも大満足の、納得の味わいです。こちらはお酒は使いません。
ホームベイキングが大好きな方にとっては、ブラウニーのイメージはというと、簡単すぎて、ちょっと物足りないという感が
あるかもしれません。確かに簡単なのですが、でも、このブラウニーはコーヒーにもウイスキーにもとてもよく合います。
一度作っていただけたら、うまく言えないのですが、こんなに簡単なのに、こんなに美味しい、と、なんだかホクホクした
嬉しい気持ちになっていただけるのではと思っています。
このブラウニーはとても繊細な食感です。ホールではなく、切り分けてプレゼントやお持ち運びをお考えの場合は、耐油性のトレーや台紙に乗せてから包んだり袋に詰めてくださいね。
焼き立ても、5日後も、美味しいブラウニーです。
まず、詳細につきまして、どなた様も必ずこちらをご覧頂き、ご確認くださいませ。
 こちらには犬がおります。
 教室中は別室にて静かにお留守番をしておりますが、お申し込みの際のご参考になさってくださいね。
A
A
A

 



2017年9月のお菓子     ガトーナンテ 直径18センチ 丸型1台

                ブラウニー 18×18センチ 角型1台
                おひとり様あたり、それぞれ1台作成
                カットはせずに、両方ともホールでのお持ち帰りとなります。              

                私の作ったお菓子のご試食と、ご軽食、お飲物

               
               
               
費用             4800円    
 
             
持ち物            エプロン ハンドタオル 筆記用具 
               お洗濯が容易な、楽なスタイルでお越しくださいね!  
               今回は2台のケーキとなりますのでお持ち帰りの際に、少々かさばります。
               ご容赦下さいませ。
ああ          
開催日程 
        2017年9月                
               
                19日(火)定員です    
                20日(水)定員です     
                21日(木)定員です  
                22日(金)定員です    
                25日(月)定員です
                26日(火)定員です      
                27日(水)定員です     
                28日(木)定員です  
                29日(金)定員です
               ※ 9月4日のご予約状況です。(お返事は全てお送りいたしました。ご確認くださいませ)
               ※ キャンセル待ちを承っております。      
               ※ 開催日前日21時までお申し込みを承ります。  
                  
あ              
                
               
                
時間            10時30分〜13時30分(予定)

定員             各回ともに、4名様
                縁故知人等、特別な場合を除きまして女性のみの教室です。


場所            私の自宅 (東京メトロ半蔵門線 都営大江戸線 清澄白河駅 徒歩2分)
               いわゆるアトリエでもスタジオでもサロンでもない、普通の自宅です。
               
          

               
                
申し込み方法
毎月ごとに完結の教室ですので、初めての方もどうぞご遠慮なくお問い合わせくださいね。
※ お申込み先のアドレスは、gmail宛ではありません。exciteのアドレスへお願いいたします。

以前よりご参加を頂いているお客様は、私のパソコンのメールアドレス宛へ、初めてお申し込みのお客様はこのサイト上部のMAILボタンより、お申し込みをお願いいたします。
下記項目をコピー&ペーストしてご記入いただきご送信下さいませ。




1、 ご希望日    優先順位はございません。ご希望日を3つまで、教えてください。
             

2、 お名前

3、 当日の朝や緊急の場合に、すぐご連絡が取れるモバイルの電話番号とご住所
   (ご住所は任意で構いません)

4、 メールアドレス

5、 オトナ様のみの会を、   A 希望します   B どちらでもかまいません
                A、Bのご希望は、先にご予約を頂戴した方をご優先としておりますので
                ご希望にお応えできないこともございます。
                この件につきましてはどうぞ遠慮なくご相談下さい。
                
    
      
6、  苦手な食材とアレルギー等、ございましたらお書き添えください。
    ご質問、お問い合わせも遠慮なくどうぞ!


お受付は、どなた様も8月25日金曜日、夜21時より、お申込みメールの先着順となります。
御返事につきましては30日(水)までに全てお送りいたします。
万が一、今月を過ぎてもこちらからのご案内がお手元へ届かないようなことがございましたら、お手数ですが、ご一報くださいますようお願いいたします。
ももふくお菓子教室
荒堀智子
a
a
a
a
a



残暑お見舞い申し上げます ::: 2017.08.16 Wednesday

霧雨が降っています。東京は8月に入ってから連続16日間、毎日雨降り。果たしていわゆる例年通りの残暑はこの後やってくるのでしょうか。今朝も、このまま秋に向かってしまうのかも、と思わせるような涼しさでした。

さてさて、サイトの更新が、だいぶご無沙汰しておりました。頂いたメールのお返事も、これからゆっくりお送りいたしますね!
  山口、川棚温泉名物の瓦そば。
 茶そばを茹でて、ホットプレートでこんがり焼きます。
 その上には甘辛く煮た牛コマ肉、錦糸卵、海苔、浅葱。
 もみじおろし入りの麺つゆにつけて食べます。
 山口に越したばかりの頃、同じマンションのご近所さん達が
 招待してくれて、初めて食べた郷土料理でした。
 長野から越してきた私達にとって、お蕎麦の食べ方としては
 かなり衝撃でしたが、なかなか美味しくて、住んでいた頃、
 よく作りました。
ただ、あまり大きな声では言えませんが、本物の瓦で焼くという元祖瓦そばも食べてみたいと川棚温泉に行ったことがありました。街中には瓦そばのお店はいくつかあり、どちらも店先に写真つきメニューで宣伝していて、おいしそうでした。
一人前○○○○円と、なかなかいいお値段。名物はまぁ、どこでもなんでもそういうものなのでしょうが、意味不明だったのは、「注文は二人前から承ります」というただし書きでした。その時は、たまたま私の両親も一緒で大人数でしたから問題はありませんでしたが、ツーリングの途中で立ち寄った感じのライダーさんが、看板をしばらくじっと眺めたあと、お店に入らず帰っていかれました。食べたくて、ふらっと一人で立ち寄って、メニューに二人前よりと書いてあったら。。。。ショックですよね。^^;自分だったら諦めて食べずに帰ると思います。もう十数年前のことですが、今でもそうなのでしょうか。
普段は忘れていますが、作る時は、必ずふと思い出してしまうエピソードです。
☆☆☆
 先日、農産物直売所で全開してしまった私の物欲の窓。
 アウトレットでは閉じたままだったのに。(笑)
 まず、茄子としし唐を車麩と炊き合わせ。
 今は、万願寺唐辛子をどうやって料理するか楽しく迷い中。
 
 
 
         
      9月の教室のご案内は来週半ばごろを予定しています。
  ベーシックな焼き菓子を2つ、ご紹介いたします。
  もう少々お待ちくださいね。
  
  
  
  
   
     
 



今月のお菓子 2017年7月 ブルーベリーのクリームパイ レモン風味 ::: 2017.06.28 Wednesday

 

今月の終了時間につきまして、当初、14時の予定でしたが、13時30分です。午後のご予定のご参考までに。
 
大変お待たせいたしました。7月のお菓子のご案内です!
7月は、さわやかなレモン風味のクリームにブルーベリーをたっぷりちりばめた、美味しいパイを作りましょう。
タルト型には敷き詰めず、ピッツァのような、薄いリュスティックスタイルのパイです。
とはいえ、織り込みのやり方、綿棒の使い方の復習も兼ねまして、生地には層を作りましょう。
生地作りを全て手作業でされるか、もしくはフードプロセッサーでされるか、ご希望をお聞かせくださいね。
※ お申込み先のアドレスは、gmail宛ではありません。exciteのアドレスへお願いいたします。
まず、詳細につきまして、どなた様も必ずこちらをご覧頂き、ご確認くださいませ。
 こちらには犬がおります。
 教室中は別室にて静かにお留守番をしておりますが、お申し込みの際のご参考になさってくださいね。
A
A
A

 

  私の携帯電話のメールアドレスをご登録いただいておりますお客様へ
          モバイルのプロバイダー変更に伴いまして、ご登録いただいております携帯メールアドレスは
          現在使用しておりません。(電話番号の変更はございません。)
          お問い合わせにつきましては、こちらのサイト上部のMAILボタンか、もしくは
          パソコンのメールアドレスへお送りくださいませ。
          急を要するご連絡等は、どうぞ遠慮なく、お電話で。(^^)
          よろしくお願いいたします。アドレスはお目にかかる際にお知らせいたしますので
          お声をかけてくださいね。もしくはお問い合わせくださいね!



2017年7月のお菓子     ブルーベリーのクリームパイ レモン風味(おおよそ直径21センチ)

                おひとり様あたり、1台作成 お持ち帰り                

                       

                私の作ったパイのご試食と、ご軽食、お飲物
               
               
費用             4500円    
 
             
持ち物            エプロン ハンドタオル 筆記用具 
               お洗濯が容易な、楽なスタイルでお越しくださいね!  
ああ          
開催日程 
        2017年7月                
               
                11日(火)   定員です 
                12日(水)  定員です   
                13日(木)  あと1席
                14日(金)  定員です  
                18日(火)  あと1席    
                19日(水)  あと1席   
                20日(木)  あと1席
                21日(金)  あと2席
                25日(火)  あと3席
                26日(水)  あと1席
                
                ※19日午前8時のお申し込みの状況です  
                
                開催日前日21時までお申し込みを承ります。  
   
あ              
                
生地作りは、       手作業で。  フードプロセッサーで。             
             特にご指定がない場合は、手作業となります。
               
                
時間            10時30分〜13時30分(予定)

定員             各回ともに、4名様
                縁故知人等、特別な場合を除きまして女性のみの教室です。


場所            私の自宅 (東京メトロ半蔵門線 都営大江戸線 清澄白河駅 徒歩2分)
               いわゆるアトリエでもスタジオでもサロンでもない、普通の自宅です。
               
          

               
                
申し込み方法

以前よりご参加を頂いているお客様は、私のパソコンのメールアドレス宛へ、初めてお申し込みのお客様はこのサイト上部のMAILボタンより、お申し込みをお願いいたします。
下記項目をコピー&ペーストしてご記入いただきご送信下さいませ。




1、 ご希望日    優先順位はございません。ご希望日を3つまで、教えてください。
             

2、 お名前

3、 当日の朝や緊急の場合に、すぐご連絡が取れるモバイルの電話番号とご住所
   (ご住所は任意で構いません)

4、 メールアドレス

5、 オトナ様のみの会を、   A 希望します   B どちらでもかまいません
                A、Bのご希望は、先にご予約を頂戴した方をご優先としておりますので
                ご希望にお応えできないこともございます。
                この件につきましてはどうぞ遠慮なくご相談下さい。
                
    
      
6、  苦手な食材とアレルギー等、ございましたらお書き添えください。
    ご質問、お問い合わせも遠慮なくどうぞ!


お受付は、どなた様も6月30日金曜日、夜21時より、お申込みメールの先着順となります。
御返事につきましては7月3日(月)までに全てお送りいたします。
万が一、4日を過ぎてもこちらからのご案内がお手元へ届かないようなことがございましたら、お手数ですが、ご一報くださいますようお願いいたします。
a
a
a
a
a
a
a
a
a
a



1/37 >>