momofuku@fukagawa     清澄白河 お菓子教室
東京深川 おいしい焼き菓子の時間 

calendar : entries : category : archives : link : profile : mail
霜月 ::: 2017.11.02 Thursday

  11月に入りました。

  今日は久しぶりに良いお天気の我が家上空です。

  行楽日和、小春日和。どこか行きたいなぁと思いながら、

  午前中はりんごジャムを作って過ごしました。

  秋映の糖度60%のジャムです。

  写真の28センチのお鍋2つで作り、最終的に1つに合わせて

  完成させました。

  最近はヘルシー志向の甘さを抑えたジャムが主流ですけれど、
  久しぶりに正統派の甘いジャムを食べたら、
  子どもの頃を思い出しました。母や祖母が煮てくれた
  イチゴジャムや夏みかんジャムは、いつもこの位甘くて、
  瓶の中で、しっかり固かったなぁと。
  トーストに塗る時にスプーンですくう時のあの感覚まで
  よみがえりました。(笑)このジャムは今月のりんごのパイの
     仕上げに緩めて使います。市販品を用意してもよかったのです
  がせっかくりんごが美味し季節ですから、のんびりと作りました。甘い香りに部屋が温まってよかったです。
 

本日、今季初ラミーでした。美味しかったです。
ラミーは私にとって、秋到来のお節句のお菓子のような感じ。
(笑)
昨日の朝方に、短い夢を見ていました。
内容らしい内容はなく、登場人物も少なく、言葉もほとんどなく、
でもほんわりと温かく不思議な夢でした。
(夢の中でお風呂にも入っていたので本当に温かかったのです。)
起きてすぐ、もう夢を見ていたことも忘れていたのですが、
朝ご飯を食べている時に、突然思い出したのです。
思い出してから、一日中ずっとなんだか幸せな気持ちに
なっていました。
夕方買い物に行き、レジに並んでいたらそばの棚にラミーがあって、
その夢に出てきた人もラミーが好きなことを思い出し、買いました。
お元気ですかー!とってもとっても会いたいでーす!と
帰り道、強力な念力を空に向かって送ったのですけれど、届いたかな?(笑)
a
a
ラミーはバッカスと一緒に毎年秋に登場し、並んでいますね。
バッカスを見ると、父が「若い頃銀座のバッカスという店によく飲みに行ったんだ」と懐かしそうに話してくれたことも
一緒に思い出します。今もあるのでしょうか。一緒に行ってみたいのですが、今度詳しく聞いてみようと思います。
毎年そう思ってはまだ聞いていないので、今年こそ忘れずに。
(でも買うのはバッカスではなくいつもラミーのほう)
☆☆☆
11月の教室にお申し込みをいただきましたお客様、ありがとうございました。
お返事は全てお送りいたしましたのでどうぞご確認くださいませ。もし、まだ届いていらっしゃらない方はどうぞご一報くださいね。いくつかお問い合わせいただいた、リンゴのパイのさらなる追加開催は、日程の都合がつかず、ご希望におこたえできなくて申し訳ございませんでした。
現在、パンプキンパイは13日に1席、リンゴのパイは12月1日に1席ご用意できます。
キャンセル待ちも承ります。
さてさてお出かけ日和ですが、これから私のお出かけ先は、息子の個人面談です。(笑)
行ってきます。
ももふくお菓子教室
荒堀智子

                       



神無月のころ ::: 2017.10.02 Monday

青いみかんの季節となりました。私の大好きな青いみかん。数日前の夕方、窓の向こうの遠くの方から焼き芋屋さんのトラックの声が聞こえ、遥か彼方へ過ぎ去った今年の夏の後姿を見たような気がして切なくなりましたが、巡る季節の中で、この青いみかんも秋が来たのだ、ということを過去の記憶の扉を開いて私に教えてくれます。二年前の投稿ですが、こちらにも青い蜜柑のことが書いてありました。今、久しぶりに読み返し、またまた昔のことなどを懐かしく回想しています。

  先週の金曜日に、9月の教室がすべて終了いたしました。
  ご参加くださいましたお客様、どうもありがとうございました。
  少々チカラ仕事の場面がありますが、ガトーナンテ、
  そしてブラウニー、共に、シンプルな作り方で
  とても美味しいお菓子だと思います。
  是非、またご自宅でも作ってくださいね。
  ご軽食でご紹介いたしましたサルディーニャのパスタ、
  フレゴーラ。
  モチモチツブツブの何とも言えない心地よい食感です。
  イタリアの肉団子ポルペッテイーネと合わせて、遊び心で
  パスタ仕立てにいたしましたが、お配りしたレジュメに
  記載したのは、主菜とする際のソースの分量です。
  今回のようにパスタ仕立てにする場合にはソースは倍量
  ぐらいで仕込んでくださいね。
  そしてフレゴーラをお使いになる時は、他のショートパスタで
  作る時よりもブイヨンで心もち少々緩めに仕上げてみて
  くださいませ。お召し上がりいただく時に程よくなると
  思います。トマト缶は、ものによって酸味にばらつきが
  あるものですけれどもしお好みより酸っぱいかなと感じられたら
  仕上げにオリーブ油ではなくバターを落としてみてください。
  マイルドに仕上がります。
  

 
このプラ
このプルーンはオータムキュート。ベイラー、サマーキュート、パープルアイ、くらしま早生、スタンレイ、などなど、様々なプルーンの中でも晩成種だそうです。とれたてでまた酸っぱいので、少し追熟させてね、とのアドバイスを忠実に守り数日がまん。
とっても美味しかったです。上諏訪の島崎農園を経営する、私の20年来の友人、佐織さんのご主人が作っています。様々な品種の美味しいリンゴやナシ、プルーンで、地元ではとても人気のある農園です。ただ、卸しと全国各地のお得意様と店頭販売で、年末にはすべて売り切れてしまうので、残念ながらウェブサイトは立ち上げていらっしゃらないのです。
上諏訪方面に秋にご旅行される方は、是非立ち寄られてみてくださいね。
住んでいた頃、シーズンになると数日おきに買いに行きました。私が買うのはいつもはねだしの家庭用でしたが、鳥が突いたとか、葉っぱが実にかぶさって色が均一でない、とかそんな程度で、収獲したての果物はみずみずしくて、とっても美味しかった。
引っ越してから、スーパーで売っている林檎を買うむなしさに気付き、以来、万年信州恋しい病です。
 
  そのオータムキュートでパイを。
  パータフォンセを敷きこみ、皮つきのヘーゼルナッツベースの
  生地を流して空焼きをして、その上に、
  粉をまとわせて、お砂糖をたっぷりふったプルーン、
  を乗せてじっくり焼きました。

 
  
 こちらは焼きたてのアツアツ!
 甘酸っぱさが引き立ちます。
 作った人の特権で、出来立てに舌鼓!
 もうひとまわり大きい型で作ればよかったと後悔しました。
 
 こちらは翌日。
 パイとの間の下の生地にプラムの
 美味しさがしみ込んでいます。
 果皮の色が全体に行きわたって
 深まっています。
 
 あまりにも美味しそうで
 がまんができず
 朝から食べました。
ご飯のあとに、です。
 今朝はコーヒー2杯。(笑)
 
 
プルーンのギュッと濃縮した美味しさが、秋らしさを感じました。
アップルパイやパンプキンパイが秋も深まった頃のイメージだとしたら、プラムのパイは、秋の始まりのお菓子のイメージでした。
これから毎年の定番のお菓子になりそう。^^
10月の教室は来週よりはじまります。
お申込みを頂戴いたしましたお客様、お待ちしておりますね!
10月1日付ご予約状況を更新しています。
もし、お返事がまだとどていらっしゃらない方がいらっしゃいましたら、ご一報くださいませ。
ももふくお菓子教室
荒堀智子

  



秋のおとづれ the coming of autumn ::: 2017.09.10 Sunday

 先日、かいじに乗って遠足へ行きました。

 つい、1週間前です。
 甲府盆地を見下ろす勝沼の駅に降り立ち、
 葡萄がたわわに実る山麓を歩きました。
 平日で人も少なく、また本格的なぶどう狩りシーズンの
 前だったからでしょう。
 とても静かで、風の音、匂い、土や木々の匂いが
 心地よかったです。 
 葡萄畑の小道を縫うように歩きました。 
 歩きながら話していたことは、
 自分がここに土地と葡萄の畑と資金を持っていたならば、
 とダイナミックなお得意の妄想。  楽しかったです。
 ぶどうの丘の地下のワインカーヴにも立ち寄りました。
 ここに来るのは7年ぶりの4回目。
 以前から気に入っていて、来る時は必ず手にしていた
 フジッコワイナリーのワイン。
 今回もフルラインナップ呑みました。
 フジクレールメルロが好きです。
 帰る前に、もう一度そこへ戻って、味わって、
 後ろ髪引かれてあとにしました。御馳走様でした。
  葡萄農家さんとはイノシシの話なども。
  黄玉という、ジャスミンの香りが鼻に抜ける
  とても甘い白ブドウをお土産に。
 ほんのりワインが残った身体で、電車の揺れに身を任せて眠るのは何とも心地よいもの。良いリフレッシュになりました。
昨日のお昼に、久しぶりにガレットを作りました。
ガレット ブルターニュ、そば粉のクレ―プです。
生地は前夜に作って冷蔵庫で寝かせておきます。
そば粉250gとお塩8gに水165cc入れて混ぜ、
卵半個を入れて混ぜ、
またお水165ccを入れて混ぜ、
さらにまたお水165ccを入れて混ぜ、
最後に辛口シードル大匙1を混ぜて完成。
この生地は、ひたすら手で混ぜるのがポイント。
ニッカの小瓶のシードルを買ってきました。
使った残りは飲みながら夕飯づくり。
1度で二度美味しい。(笑)
チーズ、卵、ハム、のコンプレットに代表されるように、
基本は塩味のお食事クレープです。
今回は軽やかな秋の初めの林檎、さんつがるをザラメで
焼きからめ、シナモン少々。
妹からのお土産、メゾンドミエルの美味しい蜂蜜を
たっぷりかけて、甘く、贅沢をしました。
生地が余った今朝は、残りのリンゴとカマンベールを
ちぎって散らしました。
ブルーチーズも、きっと合います。また秋が深まった頃に。
昨日、今日は青空が広がって、いいお天気。湿度も低く、さらさらと窓から吹き込んでくる風も気持ちがいいです。
昨夕はルルの散歩ついでにホームセンターへ行こうと清澄公園を抜けて歩いていたら、早くも金木犀が咲き始めていました。今年もその花の姿よりも、香りで気が付きました。早いですね。
写真を撮ろうと茂みに入った数十秒で、蚊に2か所、サンダル履きの足を刺されました。夏は終わりましたが、蚊はまだがんばっていました。^^; (家にムヒがまだ残っていてよかった!)
もう金木犀なのね、と感慨にふけり、何といっていいのか、待ち遠しかった大好きなものに再会したかすかなかすかな昂揚感を胸に、お目当てのプリンターのインクを買った帰り道、また公園を横切ることにしました。
だいぶ日も暮れて、薄暗がりとなった小道の向こうから若いカップルが歩いてきて、かわいらしい女性が、ちょっとちょっと!金木犀の匂いがしたんだけど!と彼に話しかけて、辺りを見回していました。
あそこですよ、と声をかけてしまいそうになりましたが、もちろんしません。デートの邪魔はヤボというものです。
すれ違う時に、その女性の着ていたTシャツの文字が目に入りました。
I wish you all the luck。(全てうまくいきますよう!)
瞬間、ふっと心がなごみました。
今、ひとつ心に懸っているいることに、大丈夫よ、と励まされたような、ほんのりとした温かさ。
Tシャツの外国語文字は、時々いろいろおもしろおかしく話題に上ることもありますが、こんな風に、ふと見知らぬ方から
プレゼントされるやわらかい優しさの気配というものもあるのだなと思いました。
帰り道、そして帰宅して夕飯の支度をしている時も、思い出しながら、ほんわかしていました。
そういえば少し前には、小名木川沿いを同じくルルと散歩中、前を歩いていらっしゃった小柄なご年配の男性の背中に、
YOU ARE GIFTED!  I AM GIFTED!とありましたっけ。
意味はいろいろ取れますが、元気のよいフォントとカラーとイラストの雰囲気からすると、
(あんたは天才!俺も天才だぜー!) というようなニュアンスを感じました。
すげえな!かっこいいな!とオォッ!と思いました。
その後小1時間ほど、ずっと心に残り、思い出しては心の中でニヤニヤしていたのでした。
そんなことをつらつら思い出しながら私が今着ているザラのTシャツにも英字。
今それを読んで、ちょっと笑っちゃいました。
道行くどなたも和ませて差し上げられそうにはありません。(笑)
さてさて、では着替えて外へ出ましょう。今日もルルがお待ちかねです。
9月の教室は来週19日よりスタートいたします。
お申し込みをいただきましたお客様、お待ちしておりますね。今少し先となりますが、お目にかかれますこと、とても楽しみにしてお待ちしております。
ももふくお菓子教室 荒堀智子

 

 



残暑お見舞い申し上げます ::: 2017.08.16 Wednesday

霧雨が降っています。東京は8月に入ってから連続16日間、毎日雨降り。果たしていわゆる例年通りの残暑はこの後やってくるのでしょうか。今朝も、このまま秋に向かってしまうのかも、と思わせるような涼しさでした。

さてさて、サイトの更新が、だいぶご無沙汰しておりました。頂いたメールのお返事も、これからゆっくりお送りいたしますね!
  山口、川棚温泉名物の瓦そば。
 茶そばを茹でて、ホットプレートでこんがり焼きます。
 その上には甘辛く煮た牛コマ肉、錦糸卵、海苔、浅葱。
 もみじおろし入りの麺つゆにつけて食べます。
 山口に越したばかりの頃、同じマンションのご近所さん達が
 招待してくれて、初めて食べた郷土料理でした。
 長野から越してきた私達にとって、お蕎麦の食べ方としては
 かなり衝撃でしたが、なかなか美味しくて、住んでいた頃、
 よく作りました。
ただ、あまり大きな声では言えませんが、本物の瓦で焼くという元祖瓦そばも食べてみたいと川棚温泉に行ったことがありました。街中には瓦そばのお店はいくつかあり、どちらも店先に写真つきメニューで宣伝していて、おいしそうでした。
一人前○○○○円と、なかなかいいお値段。名物はまぁ、どこでもなんでもそういうものなのでしょうが、意味不明だったのは、「注文は二人前から承ります」というただし書きでした。その時は、たまたま私の両親も一緒で大人数でしたから問題はありませんでしたが、ツーリングの途中で立ち寄った感じのライダーさんが、看板をしばらくじっと眺めたあと、お店に入らず帰っていかれました。食べたくて、ふらっと一人で立ち寄って、メニューに二人前よりと書いてあったら。。。。ショックですよね。^^;自分だったら諦めて食べずに帰ると思います。もう十数年前のことですが、今でもそうなのでしょうか。
普段は忘れていますが、作る時は、必ずふと思い出してしまうエピソードです。
☆☆☆
 先日、農産物直売所で全開してしまった私の物欲の窓。
 アウトレットでは閉じたままだったのに。(笑)
 まず、茄子としし唐を車麩と炊き合わせ。
 今は、万願寺唐辛子をどうやって料理するか楽しく迷い中。
 
 
 
         
      9月の教室のご案内は来週半ばごろを予定しています。
  ベーシックな焼き菓子を2つ、ご紹介いたします。
  もう少々お待ちくださいね。
  
  
  
  
   
     
 



睦月 ::: 2017.06.23 Friday

梅雨に入り、夏至を過ぎました。白いくちなしの花が甘く香り、アジサイの花がとてもきれいな季節です。

チーズのサブレとココナッツのメレンゲの6月の教室が昨日終了いたしました。ご参加くださいましたお客様、どうもありがとうございました。
チーズのサブレは焼き加減で味が変わります。
レア、ミディアム、ウェルダン、(笑) 皆様お好みが様々でした。(^^)
レアで仕上げた方も、さらにオーブンできつね色まで焼き足していただき、ウェルダンの風味にすることができますので、どうぞお試しになってくださいね。
さて、来月の教室のご案内につきましてひとつご連絡を。
私事なのですが、去年より公私ともに多忙を極め、今月が山場のような状態におります。
サイトの更新もままならず、つづりたいことは山ほどあるのですが、悶々としています。^^;
もう少しして落ち着いたら、日々のつれづれもいろいろまた書き留めて行きたいと思います。
そんなわけでして、7月の教室のテーマのお菓子はもう決まっているのですが、日程の調整がまだできずにおりまして、ご案内は来週の28日頃になります。どうぞご容赦下さいますよう、よろしくお願いいたします。
来月のメニューは、ブルーベリーのレモンクリームパイです。いわゆるあまずっぱいレモンクリームではなくて、レモン風味の濃厚なクリームにたくさんブルーベリーをちりばめて焼き上げます。ブリゼ生地をリュスティック仕立てで簡単に。ピッツァのようなイメージで。(^^)暑い季節もラフに焼き菓子を楽しめるように、と思っています。
今しばらくお待ちくださいね。
お申込みのお受付けも、来週からとなります。
ご興味のあるお客様、初めてのかたもどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。



1/20 >>